スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

培養肉にもつながるノーベル賞

iPS細胞の研究で有名な京都大学の山中伸弥教授がノーベル賞を受賞しました。

最近、培養肉に関連して、細胞について調べていたところ、山中教授の名前が頻繁に出てきました。
iPS細胞は主に再生医療の分野で研究されています。

人の臓器を作る技術は、動物の肉を作る技術にも応用できます。
というより、動物の肉を作ることの方が容易だと思います。

課題はたくさんありますが、とにかく予算が必要です。
現在の10倍も100倍もの予算が必要です。

今回のノーベル賞受賞で、国からの援助が増えると良いですが。



スポンサーサイト
プロフィール

ヴィーガンたかし

Author:ヴィーガンたかし
2006年にベジタリアンになり、2008年にヴィーガンになりました。
ベジタリアンの生活には、動物保護、健康的、エコといったメリットがあるので、多くの方に知ってもらえたらと思います。
職業:翻訳者(特許翻訳)

ここでは、肉、魚、卵、乳製品を含まない食事をヴィーガンと呼んでいます(ハチミツ、白砂糖は一応OK)。

2011年イベント
9月25日(日) 第一回名古屋ビーガングルメ祭り2011 鶴舞公園
10月9日(日) ベジフェス佛光寺2011 京都・佛光寺
10月15日(土)16日(日) 東京ベジフードフェスタ2011 東京・代々木公園
10月29日(土)30日(日) Vege&Fork Market Vol.3 川崎・麻生環境センター


このブログは、リンクフリーです。


管理者へメール

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。