スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境面、健康面について

環境面、健康面からベジタリアンになる理由はたくさんあります。

環境面
・肉を生産するために大量の森林が伐採されている(家畜、穀物を育てるために必要)。
・肉の生産には大量の水が必要(地球の表面にある水のうち、飲み水や耕作に利用できる水は1%未満)。
・穀物を人に提供すれば、たくさんの命を救える。
・ローフードは非常に省エネ。
他にもたくさんあるでしょう。

健康面
・全粒穀物(玄米など)、野菜、果物を中心とした食事は、健康に良い(多数の研究あり)。
・植物性食品はカロリーが低めで、ダイエットになる。
・植物性食品は繊維が豊富。
・化学物質に汚染された餌を家畜が食べ、抗生物質、ホルモン、その他の化学物質が溜まった家畜を人が食べると、濃縮された化学物質が人に溜まる(生物濃縮)。
動物性食品の摂取を大幅に減らすことについては、非常に説得力があると思います。


ベジタリアンになる理由のうち、説得力のある順は、
1.動物保護
2.環境
3.健康
だと思います。2と3が逆の可能性もあります。

逆に、受け入れやすさの順位は、
1.健康
2.環境
3.動物保護
だと思います。こちらも2と3が逆の可能性があります。

健康は自分や家族のため、環境は地球のため、動物保護は他人(他物)のためなので、自分との関連性が強い方が受け入れられやすいと思います。

スポンサーサイト

カーボンニュートラル

男女間で脳の構造に違いがあるので、女性は想像やトークは得意ですが、政治や経済は苦手です。
政治や経済は男性が頑張らないといけない分野でしょう。
ところが、男は競争に勝ちたい、他人から凄いと思われたい生き物なので、いろんな弊害が生じます・・・

既得権益や一部の利益にとらわれない議員やリーダーを輩出する必要があるでしょう。
そのためには、私達一人一人のレベルアップが必要です。



本の中のバイオマス発電(廃棄物や植物を元にした発電)の項目を読んだら、カーボンニュートラルという言葉が出てきました。
カーボンニュートラルは、植物を燃やして二酸化炭素を排出しても、植物は二酸化炭素を吸収して育つので、二酸化炭素が相殺されるという考えです。

このカーボンニュートラルをベジタリアンの環境面に対する主張に当てはめると、環境面での主張は、あまり説得力がないかもと思いました。
家畜から発生する温室効果ガスは、乗り物から発生する温室効果ガスよりも多いと言われています。
しかし、家畜の餌となる植物が温室効果ガスを吸収すれば、温室効果ガスが相殺されるといえるかもしれません。

健康面についても、それほど説得力はないかもしれません。
多くの人にとって肉の食べ過ぎが体に悪いのは、ほぼ間違いないでしょう。
でも、全く食べないのと、少し食べるのとで、どっちが良いのか定かでないですし、人によって違うかもしれません。

ベジタリアンに関する主張で最も説得力があるのは、動物愛護だと思います。
肉を食べることがあまりにも当然のことになっていて、スーパーに行けば普通に売っているので、最も受け入れられにくい要素でもあります。

O111についてちょっと訂正

肉にO111が付着する理由は、解体する際にO111が牛の腸(の中の・・・)から肉に付着するためですか?
たぶんそうです。ちょっと勘違いしてました。

過熱すれば問題ないのでしょうけど、安い肉ほど菌が付きやすいでしょう。

家畜を早く育てるためにホルモンが投入されたり、不自然な育て方をされるので、家畜はよく病気になります。
家畜が病気にならないように大量の抗生物質が注入されます。
そうすると、恐ろしい病原菌や今までになかった病気が蔓延してしまいます。

追記

前回も今回も、エネルギーに詳しい人からすると突っ込み所が多いかもしれませんが、追加します。

・家庭用ソーラーパネルで最大4kWh~5kWhの発電も可能らしいので、晴れた日の昼間ならエアコンを稼働できるようです。一軒家でしかできませんが。

・地熱発電も有力らしいです。地球に穴を掘って熱を利用すると温暖化につながるかもしれませんが、化石燃料よりはだいぶ良いと思います。

・電器をこまめに点けたりする消したりするよりも、点けっぱなしの方が消費電力が少ないという説がありますが、どうやらほとんどの電器や家電は、こまめに消した方が良いようです(1分でも)。例外は床暖房やパソコンなど始動に多くのエネルギーが必要な機器。数時間使わない程度なら、床暖房は点けっぱなし、パソコンは「スリープ」が良いようです。

・節電のためにエスカレーターは止めるのに、なぜエレベーターは止めないのか、と疑問に思い調べたところ、エスカレーターもエレベーターも稼働時の消費電力は同じくらいのようです(5~6kWh)。エレベーターは止まっていることが多いので、消費電力はエレベーターより少ないことになります。

・どうやら、安い肉には動物の糞が付着する(未確認情報)ということは報道されないので、タブーらしいです(未確認情報)。

・マクドナルドで用いられるチキンは(たぶんビーフも)アンモニアで消毒されているそうです。

・ネットでただ単に政府や東電を批判している人は、ネトウヨと呼ばれる人達のようです(ネトウヨ=ネット右翼。ネットでウヨウヨしている人のことかと思ってました)。一方で、ネトサヨ(?)も、日本は間違っている、海外は正しいと言っているだけのように思います。

最近学んだこと

最近知ったことをまとめます。
正確ではない情報が含まれている可能性があります。

・再生可能エネルギーだけでも十分にエネルギーは足りる。
・発電に関する日本の技術は世界でもトップレベル。
・最も期待できそうなのは風力発電。ただし、風が弱い時に困るので、様々な発電方法の併用が必要。

・家庭用風車、太陽光発電、電池のセットで180万円で売っている。最大消費電力は約600W。5セットくらいあればエアコンと電子レンジを同時に使えるかも・・・
・放射性物質で汚染された地域に、大規模な風力発電所、太陽光発電所、波力発電所を設置するのはどうでしょう(私見)。雇用創出にもなります。隙間で農業も可能です(土壌が改善すれば・・・)。

・再生可能エネルギー100%の電気自動車充電スタンドはまだない。
・ソーラーパネルを用いた充電でも、2~3日充電すれば、電気自動車が走るかも。
・電気自動車の充電には時間がかかるので、将来は、スタンドで充電するのではなく、電池を交換するようになるかも。

・電気バイクとソーラーパネルを用いれば、家庭でも10数万円くらいで、再生可能エネルギー100%の乗り物を利用できるかも。ただし、ソーラーパネルでの充電には時間がかかる(会社に行けたとしても帰れなかったり・・・)。
・1年間エコバッグを使ったとしても、車を5キロ運転するだけで、その努力が無駄に・・・


食中毒についてです。
O157もそうですが、O111は牛の排泄物から付着した可能性があります。
多くの家畜は、非常に狭くて不衛生な所で飼育されています。
地面は排泄物だらけなので、菌が繁殖し、牛の体にたくさんの排泄物が付きます。
そして、処分する時に牛の排泄物が食肉に付着します。

それから、最近インターネットは危険だなと感じます(特にtwitterとか)。
普段は政治やエネルギー問題に興味がない人が(?)、ここぞとばかりに政府や東電を批判していて、ちょっと恐怖を覚えます。
エジプトで変革が起きたように、インターネットには良い面もたくさんあります。
逆に、民主主義からヒットラー政権が生まれたように、世の中が危ない方向に進んでしまう危険があります。
日本から見ると、フセインやビンラディン、一般市民を簡単に殺してしまうのは、ちょっとどうなのかと感じる人が多いと思います。
震災後、日本人の冷静な行動が賞賛されました。
政府や権力者の言いなりになってはいけないのですが、一人一人がもっと勉強して、冷静な判断を行う必要があると思います。



プロフィール

ヴィーガンたかし

Author:ヴィーガンたかし
2006年にベジタリアンになり、2008年にヴィーガンになりました。
ベジタリアンの生活には、動物保護、健康的、エコといったメリットがあるので、多くの方に知ってもらえたらと思います。
職業:翻訳者(特許翻訳)

ここでは、肉、魚、卵、乳製品を含まない食事をヴィーガンと呼んでいます(ハチミツ、白砂糖は一応OK)。

2011年イベント
9月25日(日) 第一回名古屋ビーガングルメ祭り2011 鶴舞公園
10月9日(日) ベジフェス佛光寺2011 京都・佛光寺
10月15日(土)16日(日) 東京ベジフードフェスタ2011 東京・代々木公園
10月29日(土)30日(日) Vege&Fork Market Vol.3 川崎・麻生環境センター


このブログは、リンクフリーです。


管理者へメール

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。